DIYで二重窓!窓のリフォームもDIYで!カンタン内窓本舗

DIYで二重窓!窓のリフォームもDIYで!カンタン内窓本舗
お見積もりはこちら

お問い合わせはこちら

プライバシーポリシー

特定商取引に基づく表記


053-425-1385

コールドドラフトは嫌な奴・・・


 カンタン内窓本舗の店長・佐藤です。2017年決算売切最終セール、只今開催中。残りわずかとなりましたが、たくさんのご注文本当にありがとうございます。もうひと踏ん張り、頑張ります(=^ ^=)v
内窓の設置をご検討されるお客様の一番多いお悩みは、窓の結露、窓からの冷気対策です。

たくさんのお客様から結露のご相談を頂きます。「カーテンがビショビショでカビが生える」「窓枠の木が腐ってしまった」「窓の結露を集めて植木にやってます」などなど。これは寒い外気で窓のガラス面やサッシが冷やされて、室内の湿気が水に換わる現象です。結露により発生したカビは健康にも悪影響を与えますし、窓廻りが濡れることで木材の腐食の原因となり、シロアリの原因にもなりかねません。

              



















当然窓のガラス面が冷やされると結露だけではなく、寒いですよね。みなさん内窓DIYにたどり着く前には色々対策をされていたようです。上の写真のようにされていたという方も多いです。この方法は冷気対策という観点からは、ある程度有効です。アルミサッシ(引違い窓)は、レールの上を戸車で可動する構造です。当然隙間がりますが、これを気密材(塩ビ等)で塞いでいますが、経年劣化により、どうしても縮みや硬化が出てきます。





















これが隙間風の原因です。窓が締まっていても冷たい風が少しでも入ってくると、とても寒いですよね。これはホームセンターなどで、隙間テープなどを買ってある程度対策ができるかもしれません。では、こでれ寒さの解決になるかと言えば・・・なりません。
これがカンタン内窓本舗が戦っている敵【コールドドラフト】です。



ご存知かとは思いますが、外気で冷やされた窓の近くの室内の空気は一気に冷やされます。冷えて重くなった冷気は下に降り、そこに温かい空気が供給されることで冷たい下降気流が発生し、暖房した部屋の下から冷たい空気が溜まっていきます。この窓面の冷たい下降気流がコールドドラフトです。 天井近くで生活しているスパイダーマンのような方がいれば別ですが、普通は床で生活していますから、せっかく暖房していても足元が冷たいのは、とっても残念です。

この憎っくきコールドドラフト対策、それは窓面の温度低下を抑えることです。樹脂製の内窓を取付け二重窓にすることで劇的に窓の表面温度が上がります。また、気密性の高い内窓で隙間風もなくなり、部屋の高低温度差も改善され、快適な居住環境となります。たかが窓ですが、お部屋全体に大きな影響があります。また、内窓の断熱性能は夏のエアコンのランニングコストにも大きく貢献します。
ぜひ、内窓DIYにチャレンジして下さい。カンタン内窓本舗はとことんサポート致します(=^ ^=)/
お問い合わせ

カタログ請求